清掃は全部を一日で綺麗にしようと思わないのがコツ

「清掃は全部を一日で綺麗にしようと思わない」のが清掃する上のコツだと思います。そんな偉そうに宣っている私ですが、何を隠そう数年前までは全く清掃をせずに、母任せでした。

さすがにこれではまずいと思って、少しずつ清掃をし始めたのがきっかけです。今では家の掃除のほとんどを私が行っています。綺麗になると、気分がいいんですよね。心までスッキリする気がするのです。だから、「ちゃんと清掃をしよう」という気持ちになります。とはいえ、最初はあまりうまくいきませんでした。典型的な清掃できない人のパターンで、「全部を一日でやろうとしてしまう」のです。それは部屋数や部屋のサイズにもよりますが、基本的にはどんな所に住んでいても、「少しずつ分けて清掃する」のが手です。確かに全部を一日でやろうとすれば、清掃する時間は一日で済むし、どの場所も一気に綺麗になるのはそりゃ気持ちいいです。

でも、これは続きません。よっぽどの清掃好きな方は別として、それ以外の方は続かないでしょう。疲れてしまうのです。そのため、「疲れない程度の清掃を小まめに毎日する」のが一番いいと思います。それならば、日常生活の一部として清掃を続けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です