清掃は全部を一日で綺麗にしようと思わないのがコツ

「清掃は全部を一日で綺麗にしようと思わない」のが清掃する上のコツだと思います。そんな偉そうに宣っている私ですが、何を隠そう数年前までは全く清掃をせずに、母任せでした。

さすがにこれではまずいと思って、少しずつ清掃をし始めたのがきっかけです。今では家の掃除のほとんどを私が行っています。綺麗になると、気分がいいんですよね。心までスッキリする気がするのです。だから、「ちゃんと清掃をしよう」という気持ちになります。とはいえ、最初はあまりうまくいきませんでした。典型的な清掃できない人のパターンで、「全部を一日でやろうとしてしまう」のです。それは部屋数や部屋のサイズにもよりますが、基本的にはどんな所に住んでいても、「少しずつ分けて清掃する」のが手です。確かに全部を一日でやろうとすれば、清掃する時間は一日で済むし、どの場所も一気に綺麗になるのはそりゃ気持ちいいです。

でも、これは続きません。よっぽどの清掃好きな方は別として、それ以外の方は続かないでしょう。疲れてしまうのです。そのため、「疲れない程度の清掃を小まめに毎日する」のが一番いいと思います。それならば、日常生活の一部として清掃を続けることが出来ます。

埃取りに大活躍の、赤ちゃんオムツ!

いくら清掃してもしても次々わいてくる埃。家電の上、家具の隙間など、気にすればキリがないくらいです。

そんなときに大活躍なのが赤ちゃんのオムツ(使用済み)です。もちろん表の綺麗なな面で気になるところを使用します。サッと撫で埃が絡まったらいつものように丸めて捨てるだけです。
家電の上に張り付いた埃が気になった場合等ちょっとした時だとモップや掃除機を出すのは面倒なものです。掃除用の不織布で拭き取ると、その不織布の置き場にも困ります。

そんな時紙オムツも不織布ということに気づき、試してみると大満足な効果が。
それからは、子どものオムツ交換の度に気になるところをサッと掃除し、埃知らずの家になりました。家電、家具なけでなく丸めた状態で壁際沿いを拭いても綺麗になります。

赤ちゃんのいるご家庭限定の情報にはなりますが、赤ちゃんがいるとなかなか清掃もままならないもの。
そんな時に赤ちゃんのお世話に清掃にと一石二鳥の方法です。
赤ちゃんオムツなら名古屋にあるスーパーやドラッグストアでも購入できますので、ぜひお試し下さい。

キッチンの油汚れは家にあるもので清掃!

キッチンは毎日しっかりと清掃しているつもりでも、気がついたら壁に油が飛び散っていたり、コンロ周りが油でベトベトになってしまうものです。油汚れは時間が経てば経つほど汚れの落ちが悪くなるので、清掃も苦労しますよね。油汚れ以外にも、キッチンで厄介なのが水垢の汚れだと思います。蛇口やシンクなど水垢があると気持ちの良いものではありません。油汚れも水垢も放置するほど清掃が面倒になりますが、どの家庭にもある重曹とお酢を使うだけで簡単にピカピカにすることができるので、方法を紹介します。

まずは油汚れです。油汚れというのは酸性なのでアルカリ性と合わせ、中和させることで汚れを簡単に落とすことができます。アルカリ性の重曹を水で薄めた液を、キッチンペーパーに浸して気になる油汚れに置いて1時間放置するだけで、ピカピカにすることができます。

シンクや蛇口の水垢は油汚れとは反対でアルカリ性の汚れです。これを中和させるために役立つのがお酢です。お酢と水を半々で割り、気になる部分に吹き付けたあと、キッチンペーパーを貼り付けて1時間放置するだけで、油汚れの時と同様に簡単にピカピカにすることができます。

どの家庭にもあるアイテムなので、お金もかからず簡単に清掃することができます。

名古屋で見つけた清掃が得意な人

12月に入り、そろそろ清掃のことを考える人も多いのではないでしょうか。
日頃からこまめに清掃している人、綺麗好きな人ばかりではありませんよね。
名古屋に住んでいると仕事や家事で忙しくついつい清掃は後回しになりがちです。

ところで、清掃好きな人が自然とできていることご存知でしょうか。私もこの間同じく名古屋に住んでいる友人が清掃上手だなと感じたのです。

本当に簡単なことなのです。
それはですね、不用品の類を判断するのが早い、そしていらないと思ったらすぐに捨てる。ただこれだけなのです。
この繰り返しで日々を過ごしているから、ダイレクトメール、チラシ、雑誌、パンフレットなど余計なものは常に部屋の中にありません。

景品やおまけなども何気なくもらってきたりもしません。
こういった物の1つ、2つが積み重なれば、部屋にホコリが積もる場所が多くなってしまう上、見た目にもすっきりとしません。

というわけで、年末の清掃、まず手始めにすることはいらない物を先に捨てることからです。
拭いたり、磨いたりはその後からすることです。

不用な物が減るだけで管理することも減りますからぐっと楽になりますし掃除もしやすくなりますよ。
押し入れの中なども何年も開けていない物などありませんか?

掃除の時間をできるだけ快適にする方法 in 名古屋

やっと掃除をしようと思い立ったその時や、やる気がないけど仕方なく掃除をする人に、掃除の時間を快適にする3点を紹介します。

その1:音楽をかける

掃除のときには、いつも音楽を聴きながらしている人も多いようです。音楽は人の心を癒す力もありますのでその力を借りながら、気分よく掃除をすすめていきましょう。おすすめは、最近知った好きな曲です。新しい音楽は、聴こうとしますし気分ものってきます。個人的には大好きな曲をリピートして聴くこと。ずっと聴いていれば歌詞も覚えて掃除ものりながらできて一石二鳥です!

その2:時間を決める

1時間だけ掃除をする!と決めていたら1時間だけなんとかがんばろうとします。時間がない場合は、15分だけなどもおすすめ。お風呂に入る前の15分!など決めて毎日していれば大掃除も楽です。

その3:好きな香りをかぐ

アロマディフューザーがあれば、自分の好きな香りをかぎながら掃除をしましょう。自分の求める良い香りは脳にもよい刺激を与えます。活動的になり集中力を高めるローズマリーの香りはおすすめです。

年末の面倒な大掃除を効率良く済ませるコツとリスト

年末の大掃除は面倒と思ってしまいますよね。
特に仕事をしてると尚更面倒と思ってしましますが、年明けは綺麗な家で過ごしたいと言うのも本音ですよね。
そこで掃除のコツさえ掴んでしまえば簡単に出来るので紹介いたします。
先ずは掃除の大原則を確認しましょう。掃除の大原則と言えば「上から下へ」天井や高い所から始めて下の床で終わるように意識して掃除をしてみましょう。

もう一つ大切なことは部屋の奥からスタートして行く事です。お部屋の隅は埃が溜まり易いですので一番汚れている所から手前にゴミを持って来ると効率が良いでしょう。
そして、楽に大掃除をするには人を使う事です。家族に大掃除を協力して欲しい事を事前に伝えて置きましょう。

また、掃除用品を集めて一か所に置いwておくと使う毎に探すこと無くスムーズに行う事が出来ます。
埃をかぶると困る食卓テーブルや椅子、ソファ等には新聞紙をカバー代わりにして埃がかぶらない様にして置きましょう。
掃除を始めると埃が空気中に舞うので窓を開けて換気扇を回し、空気の入れ替えを行いましょう。
お風呂とトイレは洗剤を吹き付けて時間を置けば、カビなどの頑固な汚れも落ちやすくなります。

最初に吹き付けて一定時間置いたら洗い流し、空気が綺麗になってから掃除に取り掛かる事をお勧めします。
掃除の順番リストを作って置くと効率良く掃除が出来ます。
大掃除のスタートはキッチン→リビングダイニング→浴室・お風呂→最後から2番目にトイレで最後のしあげは洗面化粧台とリストを作ると効率良く掃除が楽に出来るので実践してみて下さい。これでお部屋もすっきりして綺麗になり、新年を迎える事が出来ますね。

年末のお家の清掃はこの3つでピカピカに!

この時期に色々なところで話題になるのは、やっぱり大掃除の事でしょう。
大変な事は解っていても新年をピカピカのお家で迎えられれば、とても気持ちが良いものです。

そこで清掃を始める前にお店に行って清掃グッズや洗剤類を色々買い込む方も多いと思います。そうなるとお金も意外とかかってしまいます。

そこでお勧めなのが、今から紹介する3つのアイテムです。
1つ目は、重曹です。
油汚れ、酸性の汚れ、手垢の汚れに活躍してくれます。
あと脱臭、研磨の効果もある為キッチン掃除に使用すると良いでしょう。

2つ目は、クエン酸です。
こちらはトイレの清掃、脱臭に効果的です。
そしてポットなどの湯垢取り、お風呂場の曇り取りにも使えます。

3つ目は、炭酸ソーダです。
こちらは重曹に似ていますが重曹より約10倍もアルカリ性が強い為、洗浄力が強いと言われています。
なので肌の弱い方はゴム手袋の着用をお勧めします。
こちらは頑固な水垢やカビなどに効果的なので、お風呂場の清掃に良いかと思います。

以上3つ揃えばお家はかなりピカピカになるでしょう。

名古屋にある100円ショップのクリーナー

名古屋によくある100円ショップで売っている、ウェットティッシュのような感じの万能クリーナーは使えます。
床から家具、照明までいろいろなところを拭けて、きれいになるので本当に万能クリーナーです。
台所用のクリーナーは別にあって、冷蔵庫や電子レンジの中を掃除できるものもあって、これまたとても使えます。100円でこんなに清掃できるんだ、と驚くくらいきれいになるので、これから年末に向けて、大掃除するときには大変重宝するアイテムです。

クイックルワイパーにウェットシートをつけて床を拭いてもいいのですが、100円ショップの万能クリーナーで汚れを落とすとすごくきれいになります。4個くらいまとめて買ってきて、いたるところを拭き掃除するとかなりきれいになりますし、スッキリします。最近はフローリングの部屋が多いので、フローリングをきれいにすると部屋がスッキリとしてかなりいい感じになります。安くてきれいになるので、万能クリーナーは本当に便利です。

清掃する時は洗剤と雑巾、スポンジを用意して

綺麗に仕上げる清掃のコツとしては洗剤を使い分けることだと思います。それゆえに私は洗剤をたくさん持っています。キッチン、洗面所、お風呂場、トイレ、リビングなど、場所場所によって使う洗剤は違います。

「面倒だから、全部一緒でもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、やっぱり用途用途の使い分けは大切です。全部が同じ材質で、使い方も一緒ならいいですが水や火を使う場所、用を足す場所、普段過ごす場所で汚れ方も様々だからです。これは自分できちんと洗剤を試してみるのがいいと思います。

私もネットで参考にしたり、店頭に行って成分を確かめてみたり、使い続け安い値段かどうかも色々考えました。洗剤を用意したら、次は雑巾とスポンジです。雑巾もスポンジも清掃をする上でとても便利です。家では雑巾は使い古したタオルを使っています。スポンジも食器洗いで使い古したものを清掃用にしています。雑巾は床や家具など大きな面を拭く時に、スポンジはキッチンや洗面所、お風呂場などの擦り洗いの時に使います。洗剤と雑巾、スポンジ、これらがあれば清掃はできます。とりあえず、この三つは用意をしてから、清掃に取り組みましょう。

名古屋での清掃は一度に全部やろうと考えないこと

年末になったら大掃除をしようといった内容が名古屋の番組などで取り上げられています。ですがここ何年かは仕事しているので全部やることは出来ないような状況です。
例えばガス台などは油を使った料理をした時にはそのまわりを拭いています。そのようなちょっとしたことで大掃除などをしなくて済みます。

夏の暑い時期などは窓ガラスなどを拭いています。例えば茶の間だけをやったりして、1時間以内で拭けるような感じでやります。そしたらそれほど疲れることなく出来るかと思います。これを大掃除の時にやるとなると寒いのでなかなか大変です。
拭き掃除などもちょっとの時間だけでするようにしています。そしたらいつでもきれいな状態を保てるような気がします。
モップなどを使ってささっと掃除出来るようなグッズを使うのも良いかもしれません。雑巾などを使ったら洗ったりしないといけないのでそれが手間になるような気がします。モップみたいなものを使うと何回か使ってから洗うという感じで手間が省けます。